« 司法書士は敷居が低い? | トップページ | 「過払い」で検索すると・・・・ »

2011年8月25日 (木)

住宅金融支援機構の抹消登記に資格証明書の添付を要するか

住宅金融支援機構の抹消登記に住宅金融支援機構の資格証明書の添付を要求する登記官と要求しない登記官がいる。

以前、この件について、資格証明書の添付を要求する登記官にその理由を聞いたところ、「承継登記は省略していいという通達が来ているが抹消について省略していいという通達はないから」とのことであった。まさに、行政マンらしい回答であった。

しかし、僕はこう思う。

住機構の代表者は周知の事実だから、承継登記でなくても代表者から委任状が出ているのであれば資格証明を省略できる。承継登記は必ず代表者の委任状が出されるから、結果的に承継登記は全てのケースで省略できる。しかし、抹消登記は代理人から委任状が出てくることがあり、代理人は周知ではないからその場合には資格証明の添付が必要である。

この考え方が論理的だと思うのだが、登記が通らないのでは話にならないから、今では、承継登記は資格証明書省略、抹消登記は資格証明書添付で申請している。

|

« 司法書士は敷居が低い? | トップページ | 「過払い」で検索すると・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/41348737

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅金融支援機構の抹消登記に資格証明書の添付を要するか:

« 司法書士は敷居が低い? | トップページ | 「過払い」で検索すると・・・・ »