« 全青司全国研修会 債務整理のこれからを考える | トップページ | 会社設立のページを充実 »

2011年9月 2日 (金)

全青司全国研修会 債務整理のこれからを考える その2

「債務整理のこれからを考える」の分科会を開催することは昨日紹介したが、「これからを考える」と言う以上は、過去及び現在について共通認識を持つことが必要だと思う。

特に、司法書士にとって「過去及び現在」を考える際には、簡裁代理権を得る前と得た後を分けて考える必要がある。おそらく、分科会参加者の大多数が平成15年の簡裁代理権取得後に司法書士となった方と想像されるので、簡裁代理権取得前に、いったい何を考え、どういう執務をしていたのか、を聞くことは貴重な機会であると思う。

当日は、福岡、兵庫、新潟等の強者をパネラーにお願いしている。

|

« 全青司全国研修会 債務整理のこれからを考える | トップページ | 会社設立のページを充実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/41464018

この記事へのトラックバック一覧です: 全青司全国研修会 債務整理のこれからを考える その2:

« 全青司全国研修会 債務整理のこれからを考える | トップページ | 会社設立のページを充実 »