« 相続放棄の熟慮期間の起算点 | トップページ | 司法書士法改正大綱 ~相談業務~(野々垣バージョン) »

2012年2月 2日 (木)

特例民法法人が公益法人等へ移行する場合の登記の申請について

Dsc_0136 特例民法法人から公益法人等へ移行する場合に、平成24年4月1日(日)に登記の受付けを希望する法人は、次のとおり申請することができることになるようだ。ちなみに、すでに愛媛県のホームページでは次のように広報されている。

1 移行登記手続きに係る留意事項

(1)登記の申請に当たっては、平成24年4月1日(日曜)に開所される登記所に申請書(紙媒体)を提出してもらうことになります。ただし、これよりも以前に原則としてオンラインによる登記事項の提出の手続きが必要です。

※オンラインによる登記事項の提出手続きは、紙媒体で提出される登記申請にかかる登記事項を申請者において電子化してあらかじめ提出いただき、法務局においてデータの事前審査を行うためのものであり、オンライン申請そのものではありません。今回の手続に関して不明な点については、必ず、事前に下記の照会先に確認してください。

(2)また、オンラインによる登記事項の提出の手続きを行うにあたっては、事前準備として「申請用総合ソフト等」をダウンロードする必要があります。詳細については、法務省HP内の「オンラインによる登記事項提出手続の流れ」に沿って手続きを進めてください。

(3)オンラインによる登記事項の提出の手続は、インターネットを利用することができる環境にあることが前提となりますので、この環境にないなどの事情がある場合は、事前に下記の照会先に相談してください。

つまり、4月1日の紙申請での受付になる。オンライン申請はだめ。ただし、事前チェックのために事前にオンライン申請と同様の方法で登記事項を提出する(司法書士が代理人となった場合にもこれが必要かどうかは不明)。

それ以外の詳細は不明。あまり小出しにしないで欲しいところです。

|

« 相続放棄の熟慮期間の起算点 | トップページ | 司法書士法改正大綱 ~相談業務~(野々垣バージョン) »

コメント

地方独立行政法人・公立大学法人も受け付けるらしいですね。

投稿: みうら | 2012年2月 2日 (木) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/43956072

この記事へのトラックバック一覧です: 特例民法法人が公益法人等へ移行する場合の登記の申請について:

« 相続放棄の熟慮期間の起算点 | トップページ | 司法書士法改正大綱 ~相談業務~(野々垣バージョン) »