« 遺言の内容と異なる遺産分割の可否 | トップページ | 相続財産からわずかな金額を葬儀費用に使用した場合と相続放棄の可否 »

2012年4月18日 (水)

遺産から生じた果実は誰に帰属するか

相続財産のうち、賃貸住宅があり、相続開始後、毎月4万円の家賃が発生している。相続人は配偶者と子供二人。5か月後(つまり、家賃が20万円たまった)、遺産分割により賃貸住宅は配偶者が相続する旨の遺産分割協議が成立した。さて、20万円はだれが取得することになるのだろうか。

相続財産に預金や賃貸住宅などがあった場合、相続開始後にそれらから生じた利息や家賃などの果実はどのようなに性質があるのだろうか。まず、これらの果実が相続財産ではないことは明らかだ。なぜなら、相続財産とは、相続開始時に存在した財産のことを言うから、相続開始の際に存在していなかった果実は相続財産ではないということになる。次に家賃が5万円という金銭債権であることにも着目しておきたい。

遺産分割の効力が相続開始に遡ることを考えると、相続開始時に遡って元物の所有者が定まるのであるから、果実も、元物の所有者となった物が取得するといあ考え方もあるだろう。しかし、判例は、賃料について、「遺産から生じる賃料は遺産とは別個の財産であり、各相続人に帰属する」としている。しかも、賃料は金銭債権であるので、各相続人が相続分に応じて分割債権として確定的に取得するという趣旨の判断をしている。

もっとも、相続人全員が合意すれば、果実も遺産分割の対象として遺産分割協議をするというのが家庭裁判所の実務である。

Dsc_0226

最判平成17年9月8日
遺産は,相続人が数人あるときは,相続開始から遺産分割までの間,共同相続人の共有に属するものであるから,この間に遺産である賃貸

不動産を使用管理した結果生ずる金銭債権たる賃料債権は,遺産とは別個の財産というべきであって,各共同相続人がその相続分に応じて

分割単独債権として確定的に取得するものと解するのが相当である。遺産分割は,相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずるものであ

るが、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得した上記賃料債権の帰属は,後にされた遺産分割の影響を受け

ないものというべきである。

これって、以前、話題にしたことがあるかも。過去に何を話題にしたか、よくわからなくなってきた。

|

« 遺言の内容と異なる遺産分割の可否 | トップページ | 相続財産からわずかな金額を葬儀費用に使用した場合と相続放棄の可否 »

コメント

 このブログで扱われたかどうかは私にはわかりかねますが、浜松支部新年研修会で齋藤毅さんがさっと触れたような記憶があります。失礼しました。

投稿: yohichi | 2012年4月18日 (水) 22時36分

そのとおりだと思います。ご指摘ありがとうございます。

投稿: 古橋清二 | 2012年4月19日 (木) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/44925012

この記事へのトラックバック一覧です: 遺産から生じた果実は誰に帰属するか:

« 遺言の内容と異なる遺産分割の可否 | トップページ | 相続財産からわずかな金額を葬儀費用に使用した場合と相続放棄の可否 »