« 最判平成16年6月8日はなぜ司法書士の不法行為責任を認めたか(公売又は競売による所有権移転登記後、真正なる登記名義の回復を原因として所有権移転登記ができるかの論点を含め) | トップページ | 網入りガラスの破損についての裁判例 »

2012年5月30日 (水)

商業・法人の印鑑・印鑑カード取扱事務の変更

平成24年6月1日から、静岡地方法務局管内の商業・法人の印鑑・印鑑カード事務が次のとおり変更される。

●印鑑カード事務・電子証明事務は、静岡地方法務局、支局、出張所(清水出張所を除く)において、県内の管轄全域分を取り扱う。
これにより、浜松に所在する当事務所が静岡市に本店を置く会社の設立登記を静岡地方法務局にオンライン申請した場合、登記完了を確認できれば浜松支局でカード発行を受けることが可能となる。

●印鑑の届出、改印及び廃印は、登記の申請と同時に提出された以外のものについては、静岡地方法務局、支局、出張所(清水出張所を除く)において、県内の管轄全域分を取り扱う。登記の申請と同時に提出された印鑑の届出、改印及び廃印は管轄の法務局で行う。

|

« 最判平成16年6月8日はなぜ司法書士の不法行為責任を認めたか(公売又は競売による所有権移転登記後、真正なる登記名義の回復を原因として所有権移転登記ができるかの論点を含め) | トップページ | 網入りガラスの破損についての裁判例 »

コメント

東京都はだめなようですね。集中化されていないから

投稿: みうら | 2012年6月 1日 (金) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/45463516

この記事へのトラックバック一覧です: 商業・法人の印鑑・印鑑カード取扱事務の変更:

« 最判平成16年6月8日はなぜ司法書士の不法行為責任を認めたか(公売又は競売による所有権移転登記後、真正なる登記名義の回復を原因として所有権移転登記ができるかの論点を含め) | トップページ | 網入りガラスの破損についての裁判例 »