« 消費貸借契約に関する民法改正の議論(野々垣バージョン) | トップページ | 「公簿売買」で売買された不動産について、後日、面積相違による精算を請求することができるか(判例より) »

2012年7月17日 (火)

「きらりタウン浜北」の換地処分登記による登記閉鎖について

浜松都市計画事業浜北新都市土地区画整理事業(愛称「きらりタウン浜北」)において、以下の日程で換地処分登記事務が行なわれる。
 
平成24年8月10日(金)       換地処分公告日
平成24年8月13日(月)       換地処分登記嘱託
平成24年8月13日~10月下旬  登記閉鎖期間(約2ヶ月)

【所在地】浜松市浜北区染地台、内野台
【事業主体】独立行政法人都市再生機構
【規  模】約160ha

1.登記閉鎖期間における一般登記事務
区画整理に伴う登記の書き換え作業のため、換地処分の公告の日から上記日程予定で、一般の登記事務が出来なくなります。同様に登記閉鎖期間中には、関連する土地・建物の登記事項証明書の取得も出来なくなる。

2.換地処分前の登記申請期限(権利関係)
 平成24年7月31日(火)までに申請された「権利の登記」に関しては、換地処分登記前に完了することが可能であり、かつ関連する登記事項証明書の発行も受けられる。同日以降に関しては個別協議となる。

|

« 消費貸借契約に関する民法改正の議論(野々垣バージョン) | トップページ | 「公簿売買」で売買された不動産について、後日、面積相違による精算を請求することができるか(判例より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/46353703

この記事へのトラックバック一覧です: 「きらりタウン浜北」の換地処分登記による登記閉鎖について:

« 消費貸借契約に関する民法改正の議論(野々垣バージョン) | トップページ | 「公簿売買」で売買された不動産について、後日、面積相違による精算を請求することができるか(判例より) »