« 遺留分減殺請求の対象と順序 | トップページ | 金融機関における被相続人名義の預金口座の取引履歴開示義務 »

2012年8月 8日 (水)

遺留分の放棄

(遺留分の放棄)
第千四十三条  相続の開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。
2 共同相続人の一人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を及ぼさない。

遺留分の放棄について、裁判所の許可を必要としたのは、親族の圧力で、恣意的に遺留分を放棄させることを防止するため。

|

« 遺留分減殺請求の対象と順序 | トップページ | 金融機関における被相続人名義の預金口座の取引履歴開示義務 »

コメント

8.7日経新聞40面ナショナルオーストラリア銀行広告・
定期預金をされた方へもれなく1万円商 品券・税金は当行が源泉徴収しているのでお客様に税金は発生しません。という大嘘。
雑所得なので居住者に関しては源泉徴収はないし、確定申告で総合課税になります。懸賞金付定期預金とはくじ引きで決まるものです。
http://www.nabasia.com/0,,87621,00.html
夫婦財産契約の理論と実務。山田俊一。ぎょうせい。24.7.1。4800円。122登記簿を掲載
平成15年登記の品川登記所の夫婦財産契約登記簿は横書きの違法なものである。鎌倉の登記簿と同様。
札幌法務局の夫婦財産契約登記簿が所在不明になっている。
登記番号の重複が多いようですね。
統計にない局でも実際には登記されている例がありますね。山鹿など。

夫婦財産契約の理論と実務
編著者名 山田俊一/著
判型 A5
体裁 単行本
定価(価格) 4,800円(税込み)
本体 4,571円
ISBN 978-4-324-09419-8
図書コード 5107815-00-000
発行年月日 2012年07月01日
http://shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=40_4002_404002004&products_id=7489&previouslinkcalendar=
http://ameblo.jp/snkblw/entry-11322071739.html


投稿: みうら | 2012年8月 8日 (水) 19時25分

ぜんぜん防止になっていないね。

投稿: みうら | 2012年8月 9日 (木) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/46618672

この記事へのトラックバック一覧です: 遺留分の放棄:

« 遺留分減殺請求の対象と順序 | トップページ | 金融機関における被相続人名義の預金口座の取引履歴開示義務 »