« 破産手続開始の決定 | トップページ | 破産手続開始の公告等 »

2013年5月10日 (金)

破産手続開始の決定と同時に定めるべき事項等

 裁判所は、破産手続開始の決定と同時に、一人又は数人の破産管財人を選任し、かつ、破産債権の届出をすべき期間、破産者の財産状況を報告するために招集する債権者集会の期日、破産債権の調査をするための期間及び期日を定めなければならない(法31①)。
 各期間及び期日は次のように定められている(規則20①)
一 破産債権の届出をすべき期間 破産手続開始の決定の日から二週間以上四月以下(知れている破産債権者で日本国内に住所、居所、営業所又は事務所がないものがある場合には、四週間以上四月以下)
二 財産状況報告集会の期日 破産手続開始の決定の日から三月以内の日
三 破産債権の調査をするための期間 その期間の初日と第一号の期間の末日との間には一週間以上二月以下の期間を置き、一週間以上三週間以下
四 破産債権の調査をするための期日 第一号の期間の末日から一週間以上二月以内の日
ただし、破産財団(破産者の財産又は相続財産若しくは信託財産であって、破産手続において破産管財人にその管理及び処分をする権利が専属するもの。法2条14号)をもって破産手続の費用を支弁するのに不足するおそれがあると認めるときは、破産債権の届出をすべき期間並びに破産債権の調査をするための期間及び期日を定めないことができる(法31②)。 もっとも、この場合において、裁判所が、破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足するおそれがなくなったと認めるときは、速やかに、破産債権の届出をすべき期間並びに破産債権の調査をするための期間及び期日を定めなければならない(法31③)。
なお、裁判所は、知れている破産債権者の数その他の事情を考慮して財産状況報告集会を招集することを相当でないと認めるときは、破産者の財産状況を報告するために招集する債権者集会の期日を定めないことができる。また、知れている破産債権者の数が千人以上であり、かつ、相当と認めるときは、裁判所は、破産債権者に対する通知をせず、かつ破産債権の届出をした破産債権者を債権者集会の期日に呼び出さない旨の決定をすることができる。この場合には、裁判所は、破産管財人が、日刊新聞紙に掲載し、又はインターネットを利用する等の方法であって裁判所の定めるものにより、債権者に通知すべき事項の内容、債権者集会の期日を破産債権者が知ることができる状態に置く措置を執るものとすることができる(規則20③)。

|

« 破産手続開始の決定 | トップページ | 破産手続開始の公告等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/51549270

この記事へのトラックバック一覧です: 破産手続開始の決定と同時に定めるべき事項等 :

« 破産手続開始の決定 | トップページ | 破産手続開始の公告等 »