« あなたが先に亡くなるとは限らない | トップページ | その悩み、不安、私たちにご相談ください »

2015年1月14日 (水)

配偶者だけが相続人だと思ったら大間違い・・・子供のいない夫婦

Gf1420409602 子供がいらっしゃらない夫婦の方は、ご自分が亡くなった時のことを想像したことがありますか?

 あなたが、あなたの配偶者より先に亡くなった場合、あなたの配偶者は相続人になります。
 しかし、あなたのご両親や、ご両親が既に他界している場合にはあなたの兄弟も相続人になります。
 あなたの兄弟が既に他界している場合には、兄弟の子供達(甥、姪)が相続人になります。

 このように、お子さんがいらっしゃらない夫婦の場合、相続人は配偶者だけではないのです。この点について勘違いされている方がたくさんいらっしゃるようです。

 そして、あなたの配偶者は、あなたのご兄弟などと相続の話し合いをしなければならないということになります。

話し合いが問題なくできればいいのですが、そうならない場合も多いようです。 あなたとしては、配偶者に全て遺してあげたいのではないですか?

 配偶者を思いやる心があるのであれば、遺言書を作ってあげるべきです。

 逆に、あなたの配偶者が先に亡くなった場合のことを考えてみましょう。配偶者の財産をどのように相続するのかは、配偶者のご両親やご兄弟など、あなた以外の相続人と話し合いをしなければなりません。

 配偶者が生前に遺言書を作成してくれてあれば、そのような話し合いをする必要もないわけです。 なお、ご兄弟には遺留分がありません。したがって、配偶者に全てを相続させる遺言を作成したとしても兄弟が遺留分を請求することはできません。

|

« あなたが先に亡くなるとは限らない | トップページ | その悩み、不安、私たちにご相談ください »

コメント

この場合の遺留分は8分の3ではなく2分の1なのですがほとんどの本で間違っています。

投稿: みうら | 2015年1月17日 (土) 17時24分

生活保護受給者の死後の家財の処分が困難ですが・・死後委任事務で解決できますか。

投稿: みうら | 2015年1月17日 (土) 17時26分

「財産」の2分の1ですからね。「法定相続分」の2分の1ではないですからね。

投稿: 古橋清二 | 2015年1月19日 (月) 09時24分

司法書士事務所のホームページとかも間違っていますね。
第2の朝日訴訟の書類作成支援していただけませんか。

投稿: みうら | 2015年1月24日 (土) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/58584324

この記事へのトラックバック一覧です: 配偶者だけが相続人だと思ったら大間違い・・・子供のいない夫婦:

« あなたが先に亡くなるとは限らない | トップページ | その悩み、不安、私たちにご相談ください »