« 商業登記申請に許可書・認可書を添付するのはどのような場合ですか | トップページ | 事件簿 ~この土地の所有者は誰? »

2015年5月 5日 (火)

事件簿 ~支払督促には既判力はない

Af0100000728

「どこの法律相談へ行っても、この書類を見た瞬間に『これじゃあどうしようもないですよ』と言われるだけなんです。どうしようもないから相談に行っているのに」

相談者は、そう言って、債権差押命令と書かれた書類を見せてくれた。
一瞬、「ああ、やっぱりこれではどうしようもないな」という感想が頭をよぎった。

こうした、差押命令が裁判所から発せられるためにはそれなりの根拠があるからであり、一般的には、判決などによって事実関係が司法の場において判断された書類(「債務名義」と呼んでいる)の存在を前提として行われる。
だから、そうした判決などの後に事情の変化があったというならまだしも、今更、判決などの前提となった事実関係が間違っていると言っても手遅れなのだ。

つづきを読む

|

« 商業登記申請に許可書・認可書を添付するのはどのような場合ですか | トップページ | 事件簿 ~この土地の所有者は誰? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/59883337

この記事へのトラックバック一覧です: 事件簿 ~支払督促には既判力はない:

« 商業登記申請に許可書・認可書を添付するのはどのような場合ですか | トップページ | 事件簿 ~この土地の所有者は誰? »