« 有限会社と当該会社の代表取締役個人との不動産売買についての疑問 | トップページ | 「総合相談センターしずおか」では、ブラジル人の相談にも積極的に相談に応じます »

2016年1月 7日 (木)

有限会社と当該会社の代表取締役個人との不動産売買についての疑問 その2

商法第265条の規定の適用がある場合の所有権移転登記等の申請書に添付すべき取締役会議事録の代表取締役の署名、押印については、通常会社の代表 者としての印鑑を押捺し、当該印鑑証明書を添付することとされているが(前通達 及び昭和45年8月27日民三第454号回答)、当該先例は代表取締役につき会 社の代表者の印鑑に限定したものではなく、議事録に押捺した印鑑が代表取締 役個人の印鑑である場合には、当該個人の印鑑証明書を添付すべきである。 なお、会社の代表者としての印鑑を議事録に押捺し、その印鑑証明書を添付した 場合において、当該会社が所有権に関する登記の登記義務者であるときは、別 個に細則第42条所定の印鑑証明書を添付することなく、便宜一通の印鑑証明書 で足りる。(有効期間内であること)

 昭和55年11月1日東京法務局長承認民事行政部報21-17

もっとも、後段の部分については法務局によって取り扱いが違うかもしれませんね。

|

« 有限会社と当該会社の代表取締役個人との不動産売買についての疑問 | トップページ | 「総合相談センターしずおか」では、ブラジル人の相談にも積極的に相談に応じます »

コメント

古橋様へ
前段が違いますよ。平取締役・監査役は日本住宅無尽を除き39.4.1以降印鑑を提出することがて゜きなくなるので自今個人の印鑑証明書とするが代表取締役全員の提出義務はなくなるが届け出ていない会長等は届出したうえでなすべきであり個人の印鑑証明書は引き続き認めない旨先例あり・届出印鑑は原則個人印という先例はある。39.4.6民甲1287・45.5.27民3-454回答。

投稿: みうら | 2016年1月15日 (金) 14時37分

結論として現任清算人・監査役が奥書署名実印すべきものと考える。
12.15なら地裁判決で証拠によらなくても他に相続人がいない旨にあたる。

投稿: みうら | 2016年2月 3日 (水) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/63349004

この記事へのトラックバック一覧です: 有限会社と当該会社の代表取締役個人との不動産売買についての疑問 その2:

« 有限会社と当該会社の代表取締役個人との不動産売買についての疑問 | トップページ | 「総合相談センターしずおか」では、ブラジル人の相談にも積極的に相談に応じます »