« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

訴訟代理人は依頼者にストーリーを語らせよ -訴訟代理人の極意-

Img_0012


(本稿は、「月報司法書士」2016年9月号に寄稿したものです。内容は、一部事案を変更し、または複数の事案を組み合わせています)

 

1.心地よい疲れ

 浜松と静岡の中間点より浜松寄りのこの裁判所から事務所までは車で40分ぐらいだが、夕刻に家路を急ぐ車で天龍川を渡る橋は渋滞し、1時間経ってもまだ浜松市内に入れない。それでも私は、自分の依頼者に対する尋問に加え、通訳を介して行ったフィリピン人、中国人に対する延4時間に亘る尋問のほとぼりが冷めず、ハンドルを握りながらニヤニヤしていたに違いない。
 それは、単に、尋問を終えた達成感ということではなく、裁判官に原告のストーリーを伝えることができたという満足感から出た笑みだった。

2.やむなく受任

 実は、この事件は”やむなく”受任した事件であった。
 1年半程前、ある司法書士から「訴訟を受けてやってくれないか」という話があり、Xの相談を受けることになった。

 Xは40歳過ぎの女性であり、深夜勤務中に同僚の中国人の女性Yがフィリピン人の女性Aと携帯電話でわいせつな動画を見てふざけていたが、これをXも見るようにと強制してきたのでXは拒絶をした。しかし、Yが執拗にXに迫ったため揉み合いになった。そして、Xは、柔道の足払いのように投げ飛ばされ、そのあとYが馬乗りになってXの首を絞めてきた。

 Xは死ぬかと思ったが、その瞬間にAが間に入って二人を離した。Xは頸椎捻挫、右膝打撲傷を負い、8日間の休業を余儀なくされ、通院も4カ月に及んだ。

 Xは弁護士に依頼して、YとYを雇用しているZ社に対して損害賠償請求の調停を起こしたが、Yが出頭せずに調停は終了。Xの弁護士は、「これ以上はできない」と訴訟を引き受けてくれなかったため、Xは調停申立書を真似して訴状を作り、自分で訴訟を提起した。

 すると、被告Yに弁護士がつき、全面否認してきた。それに加え、Yの弁護士はXの作成した訴状に書かれた文章のひとつひとつに難癖をつけてきた。

  Xは、これ以上自分で訴訟遂行することはできないと考え、あっちこっちに相談した。しかし、代理人を引き受けてくれる弁護士や司法書士は見つからず、回り回って私のところに辿り着いたという。

  相談を受けているうち、代理人の引き受け手がなかなか見つからない理由はなんとなくわかった。

つづきはこちら
http://chuogodo-hamamatsu.info/%e8%a8%b4%e8%a8%9f%e4%bb%a3%e7%90%86%e4%ba%ba%e3%81%af%e4%be%9d%e9%a0%bc%e8%80%85%e3%81%ab%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%92%e8%aa%9e%e3%82%89%e3%81%9b%e3%82%88%e3%80%80%e3%80%80/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

~$相談票・・・法務局 法人の破産管財人として売却したが登記未了の場合、清算人から申請する際に裁判所の許可書の添付が必要か

Af9930029214


司法書士の古橋清二です。
 有限会社が破産手続中に裁判所の許可を得て平成28年2月4日に所有不動産を売却しましたが、その旨の登記をしないまま、平成28年5月25日に破産終結しました。そのため、当該会社の清算人を裁判所で選任してもらい、清算人が作成した登記原因証明情報を提供し、平成28年2月4日売買を原因として所有権移転登記を申請する予定です。
 この場合、破産手続中に出された裁判所の許可書を添付する必要があると考えますが、いかがでしょうか。

裁判所の許可は登記原因にかかる第三者の許可であるため、添付する必要があると考えます。(自問自答)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »