« 株主に相続が発生している場合の「株主リスト」の記載方法 | トップページ | 訴訟代理人は依頼者にストーリーを語らせよ -訴訟代理人の極意- »

2016年9月13日 (火)

~$相談票・・・法務局 法人の破産管財人として売却したが登記未了の場合、清算人から申請する際に裁判所の許可書の添付が必要か

Af9930029214


司法書士の古橋清二です。
 有限会社が破産手続中に裁判所の許可を得て平成28年2月4日に所有不動産を売却しましたが、その旨の登記をしないまま、平成28年5月25日に破産終結しました。そのため、当該会社の清算人を裁判所で選任してもらい、清算人が作成した登記原因証明情報を提供し、平成28年2月4日売買を原因として所有権移転登記を申請する予定です。
 この場合、破産手続中に出された裁判所の許可書を添付する必要があると考えますが、いかがでしょうか。

裁判所の許可は登記原因にかかる第三者の許可であるため、添付する必要があると考えます。(自問自答)

|

« 株主に相続が発生している場合の「株主リスト」の記載方法 | トップページ | 訴訟代理人は依頼者にストーリーを語らせよ -訴訟代理人の極意- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109222/67473021

この記事へのトラックバック一覧です: ~$相談票・・・法務局 法人の破産管財人として売却したが登記未了の場合、清算人から申請する際に裁判所の許可書の添付が必要か:

« 株主に相続が発生している場合の「株主リスト」の記載方法 | トップページ | 訴訟代理人は依頼者にストーリーを語らせよ -訴訟代理人の極意- »