« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月21日 (火)

全国から司法書士募集中! いっしょに働きませんか?

 当事務所では、現在、司法書士(司法書士有資格者を含む)を募集しています。直近の試験合格者のみならず、司法書士になって数年経過したが進むべき方向に迷っている方、自分が自信を持って専門性をアピールできる分野を持ちたい方などご相談ください。

 これまで、当事務所からは10名の司法書士が巣立ち、現在、様々な場所で活躍しています。当事務所のノウハウを吸収して、市民のための司法書士として成長してください。

社会保険完備!

遠隔地から単身で来られる方は社宅を用意します!

img_842802_11691037_0_1

☑ 不動産の立会業務をたくさん経験したいという方 

当事務所では、住宅用の土地・建物の決済立会いから工場や老人施設用地の
買収案件、競売・破産物件等の任意売却等、不動産に関する様々な場面の決
済を取り扱っています。

img_842802_14984894_3_2

 

☑ 中小~上場企業の登記や会社法務を経験したいという方

浜松は、地方都市にしては上場企業が多数活躍しているほか、多くの中小企
業もあります。当事務所では、これら上場企業の大半の商業登記を取り扱っ

ているほか、中小企業や法人の登記も多数取り扱っています。さらに、戦略
的な会社法の活用や契約書レヴュー
も行っています。

img_842802_14984404_1

 

☑ 裁判業務をたくさん経験したいという方

当事務所では、簡裁訴訟代理のみならず、本人訴訟支援(裁判所提出書類の
作成)を多数手がけています。その内容も、訴訟だけではなく、保全、債権
執行、明渡執行、家事審判・家事調停申立等多岐に亘ります。

img_842802_14983845_0

☑ 破産申立て、再生申立てを極めたいという方  

破産申立て、再生申立てをきっちりできなけれは「債務整理を扱っている」
とは言えません。当事務所は、任意整理はもちろん、破産申立て、再生申立
てでは全国的に見ても圧倒的な実績を誇っています。

IMG_86461small

 

☑ 相続、遺言、後見、財産管理業務をたくさん経験したいという方

当事務所では、相続登記はもちろん、相続手続をトータルでサポートする遺
産管理業務、遺言書作成支援、遺言執行手続などを行っているほか、裁判所
から成年後見人、相続財産管理人等に数多く選任され、財産管理業務を行っ
ています。

mail01

まずはメールでお問い合わせください

 出身地、住所地はどこでもかまいませんが、勤務地は浜松であるため、浜松に居住することが条件となります。
浜松には家具付きマンションや賄い付きマンションもありますので、一定期間、最先端の司法書士業務にどっぷり浸かってスキルアップし、地元に戻って開業したいという新人の方にとって最適な事務所です。ベテラン司法書士が”やさしく”指導します。
 報酬、勤務条件、3年後には地元に帰りたい等、気兼ねなくご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

東京司法書士会三多摩支会の研修会に行ってきます

11880655_843842789033457_3242061187

2月17日の夕方から約3時間、立川で行われる東京司法書士会三多摩支会の研修会に講師として呼ばれています。テーマは、「簡裁訴訟代理業務の実務と魅力」ですが、和歌山訴訟控訴審判決で問題となった本人訴訟のことも含め、たっぷりお話ししてきたいと思います。

つづきを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

切符を拝見します

16730011_1205379106204727_142341491

 私は、西風に向かって自転車をこぎ続けた。今年一番の寒波が来ており、西日本は大雪になっているようだが、ここ浜松はほとんど雪は降らない。それでも、「遠州の空っ風」と言われているように強い西風が顔に突き刺さる。

 ようやく浜松駅の駐輪場に着く。静岡での午後1時からの打合せに間に合わせるには12時20分の東海道新幹線こだまに遅れずに乗らなければならない。

 時計を見ると、12時10分。よし、まだ10分ある。静岡までの回数券はいつも予め用意してあるので切符を買うために並ぶ必要はない。ホームで売られている値段の高い駅弁ではなく、コンコースのお店で500円ぐらいの弁当を買おう。

 弁当を買い、改札を抜けてエスカレーターでホームに上がるとちょうど新幹線が東から滑り込んで来た。静岡駅で降りる時にホームのる階段の近くに停まる7号車に乗り込む。弁当を食べて一息つけば静岡だ。今日も分刻みの行動だ。

つづきを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »